ロゴ

ノロウイルスが流行る時期

10月頃から徐々に広まり、12月から2月にかけてノロウイルスが一気に流行ります。多い月で感染者はおよそ5000人に及び、年間で二万近くの患者さんが報告されています。

ノロウイルスの感染経路

  • 汚物や調理による接触感染
  • 食事を介した感染
  • 飲料水からの感染
  • 人混みから感染

感染すると辛いのがノロウイルス

何らかの原因でノロウイルスに感染すると嘔吐、下痢、頭痛、腹痛などの症状が一気に襲います。大変辛いため、数日寝込むことも珍しくありません。ノロウイルスは家庭で出来る対策で感染を防げるので、被害者を出さないためにも原因を徹底的に排除しましょう。

アイテムを上手に活用しよう

手

マスクを使う

家庭内感染をう防ぐために重要なのがマスクです。飛沫感染や空気感染から守る意味でも、マスクの着用は積極的に行ないましょう。特に感染者の汚物や吐瀉物を処理する時に欠かせません。また人混みに行く時も、マスクの着用を忘れないようにしましょう。

手袋を常備する

吐瀉物や汚物から感染する危険があるため、片付ける際は必ず使い捨て手袋が必要です。もし素手で触ってしまった場合は、速やかに手洗いをした後、念には念を入れて手の消毒をしましょう。

石鹸を使う

手に付着したウイルスを除去するには石鹸が欠かせません。食事前や帰宅後は必ず手洗いをしましょう。また汚物処理をした後の手洗いも忘れてはいけません。正しい手洗いの仕方をマスターすれば、手に付着した菌をほぼ洗い流せます。

消毒剤の活用

ノロウイルスの感染を防ぐには、ウイルスを不活性化にしなければいけません。効果的なのは、様々なウイルスに効く消毒剤です。感染者が触れた箇所の消毒にも役立つでしょう。

ペーパータオルを準備する

共有するタオルは、ノロウイルスの感染をただ広げるだけです。そのため家族内で感染者が出た場合は、共有タオルではなくペーパータオルを使うのが一般的です。これを徹底すれば感染者を増やすことはありません。

ノロウイルスの二次感染から守るためにしたいこと

ウィルス

ノロウイルスに効く消毒剤とは

ノロウイルスを完全に死滅させるには、塩素系漂白剤が含まれた次亜塩素ナトリウムが効果的です。ただ、臭いがきつかったり使用後のヌメリが気になったりなど使用感はよくありません。また皮膚へ直接つけるなら、刺激が気になるでしょう。おすすめは、pHを酸性にした消毒剤です。除菌効果はさらに増して、ノロウイルスに絶大な効果を発揮します。家庭に一つ常備してもいいでしょう。

[PR]

健栄製薬

ノロウイルスの感染を事前に防ぐには、手洗いとマスクを忘れずに!詳しくはこちら!

広告募集中